diary

五色かるたチャレンジ教室 ~見学の巻~

富士市発行の「広報ふじ」は富士市全戸に配布されている広報紙です。

先日、「広報ふじ」のまちかどネットワーク ズームアップのコーナーで
教育サークル「向日葵」の廣畑宏樹先生が紹介されていました。

中でも私が最も注目したのは、『五色百人一首』の講座や大会です。

まずは、代表の廣畑先生とお話してみよう♪
早速お電話をし、本日めでたく
五色かるたチャレンジ教室の見学に行ってきました。

子ども達はそれぞれ向かい合って1対1で20枚の札を取り合います。
残り3枚で終了。
9枚以上取れば、勝者です。

ふ~む、百人一首、ほぼ忘れておりました(ー∀ー;)
おもい・・・・うきうき
なんて調子で、上の句と下の句を覚えて
高校生の時は心身ともにいとも軽やかでした♪

今日は勝者と敗者で席を移動しつつ
対戦相手を変えていました。

20枚ずつ試合をしていくので、集中でき、
また札の裏に上の句があるので、覚えやすいですね☆

廣畑先生から貴重なお話をたくさんうかがいました。

「アルソトミラ」とYouTubeで検索するとタネが飛ぶ様子が見れます。

『The Tiny Seed』を次回読み聞かせることがあれば、
いただいた型紙でたねの模型を作り飛ばしてみたいと思います♪

廣畑先生、貴重なお時間をありがとうございました m(__)m

関連記事